スキンケア

ニキビができる原因とニキビのための正しいスキンケア方法

1.ニキビができる原因

ニキビができるきっかけは、皮脂の過剰分泌が主な原因です。なぜなら、過剰に分泌された皮脂は毛穴を詰まらせ 、肌表面にある角質層を厚くするので、毛穴の出口をふさいでしまうのです。その結果、ニキビが発生するという訳です。また、実はニキビにも思春期ニキビと大人ニキビと種類があり、ニキビの種類によって原因や対策方法が変わってきます。あなたを悩ませるニキビはどちらなのか、チェックしてみましょう。

思春期ニキビ

主な原因は、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりで、アクネ菌が増殖し炎症を起こすためです。肌に常在しているアクネ菌は油分を好み、皮脂をエサにして繁殖するため、毛穴の詰まりはニキビを招いてしまいます。

見分け方のポイントとしては、鼻やおでこなどの皮脂量の多いTゾーンを中心にできることが多いです。

大人ニキビ

大人ニキビは原因が多く存在します。現代の大人女性に特に多いのは、ストレスや不規則な生活、睡眠不足によるホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンが優位になり、皮脂分泌が活発になります。その結果毛穴が詰まり、ニキビを招いてしまう訳です。

見分け方のポイントとしては、フェイスラインやUゾーンなど皮脂量の少ない場所にできることが多いです。

2.ニキビができてしまったら!まず行って欲しいこと

正しいスキンケアを行うためには、ニキビの種類のほかに、ニキビには進行段階があることを知っておかなければいけません。ニキビの進行段階によっては、セルフケアしていいものと、専門の皮膚科でケアをしてもらうべきものがあるからです。そこで、ニキビの進行段階についてお伝えしますね。

ニキビには[白ニキビ→赤ニキビ→黄ニキビ]と進行段階があります。それぞれの特徴と行うべきケアを確認してみましょう。

白ニキビ

毛穴に皮脂が詰まっている状態です。皮脂が外気に触れて酸化すると黒ニキビ、いわゆる毛穴の黒ずみになります。毛穴の詰まりが気になる部分に、AHAやサリチル酸などが配合されたケアアイテムでピーリングをするといった角質ケアが効果的です。

赤ニキビ

炎症が起きている状態なので、早めに皮膚科を受診して、抗炎症剤を処方してもらうことをおすすめします。頻繁にニキビに触らないよう注意して、過剰なクレンジングや洗顔は控えましょう。

黄ニキビ

化膿して膿が溜まっている状態です。自己処理は悪化を招くため、自分で潰さないようにしましょう。

最後に、ニキビを潰したり、強い刺激を与えたりしてしまうと悪化するだけでなく、クレーターとして跡が残ってしまうので気をつけましょう。

3. ニキビのための正しいスキンケア方法

ニキビは一度できてしまうと治すのが大変です。常に肌を清潔な状態にし、日頃からニキビを作らないための予防・対策をすることが大切です。

正しく洗顔を行う

洗顔は1日2回で十分です。洗顔料をしっかり泡立て、泡をころがすように優しく洗いましょう。時間をかけすぎたり 、熱いお湯で洗顔したりするのも肌への刺激となるため控えましょう。

きちんと保湿を行う

ニキビ肌でも、基本的な保湿は必要です。過剰な洗顔で皮脂を落としすぎてしまったり、保湿をきちんと行わなかったりすると乾燥を招き、肌のバリア機能を低下させてしまいます。その結果、肌は回復しようとして皮脂をたくさん分泌してしまい、ニキビの原因を招いてしまう訳です。

ピーリングのやり過ぎに注意

週に一回程度、ピーリングで角質ケアを行い、毛穴の詰まりを無くすとニキビの改善に効果的です。古い角質が肌に残っていると、保湿をしても角質が水分を奪ってしまうため、肌に浸透せず乾燥の原因にもなります。

4.スキンケアアイテムの選び方

油分の少ないものや、ノンコメドジェニック化粧品、ニキビ予防化粧品を使用するとより効果的です。思春期ニキビにはさっぱりしたものを、大人ニキビには保湿力のあるものを使用しましょう。

また肌質に合わせたスキンケアを行うことも大切です。オイリー肌ならTゾーンは化粧水やクリームをつけすぎないこと、乾燥肌なら水分も油分も足りていないため、しっかり保湿するように、自分の肌質に合わせて化粧品の使用方法を変えてみましょう。

ニキビについて正しい知識を身につけ、改善を目指していきましょう。

ABOUT ME
kazue
kazue
【美容ライター】 自身のアトピー肌の経験から、同じようにアトピーや肌が揺らぎやすい方にむけたスキンケアやコスメを紹介。その傍ら、記事執筆のみならず、美容心理学をベースにしたメイクを学び、綺麗になりたい女性たちのサポートを行う。日本化粧品検定2級を取得し、現在は1級を目指し勉強中。