スキンケア

【冬のあいだも】透明美白肌の作り方&おすすめの美白コスメ

立冬を迎えて、気温がグッと下がってきました。冬になると、空気が乾燥するために夏に行っていた美白ケアから保湿ケアにシフトした方もいるでしょう。もちろん、保湿ケアも大事ですが、一年を通して透明感のある美白肌を作りたいなら、冬のあいだも美白ケアをしておく必要があるのです。

今回は冬でも美白ケアが必要な理由と共に、おすすめの美白ケアスキンケアコスメをご紹介していきますね。

冬も紫外線対策はするべき?

肌を透明感のある美白肌から遠ざけるもの、それが「メラニン色素」です。メラニン色素は、紫外線を浴びることで、表皮の基底層にあるメラノサイトより作られ始めます。

つまり紫外線を浴びないことが大事なわけですが、厄介なことに紫外線のうちのUVAは季節の変化に関係なく冬でも、夏の1/3降り注いでいます。UVAは肌を黒くするだけでなく、シワやたるみに関係する真皮層にあるコラーゲンやエラスチンなどの弾性繊維や繊維芽細胞にダメージを与えるので、年齢にも負けない透明美白肌を作りたいなら、冬のあいだも紫外線対策を行うようにしましょう。

夏以外も美白ケアが必要な理由って…?

紫外線UVAは波長が長く、雲やガラスも簡単に通過してしまうので、屋内にいる時でさえ、うっかり日焼けをしてしまいます。一日、二日の日焼けじゃ実感がなくても、冬は夏に比べて長いので、気づけば肌内部でメラニン色素が蓄積されて、シミを作り上げてしまうのです。ぜひ夏以外も紫外線対策をするだけでなく、スキンケアで美白ケアも合わせて行うようにしましょう。

セルフ美容のプロ直伝!冬向け美白ケア方法

徹底的な保湿ケア

メラノサイトで作られたメラニンは蓄積するとシミとなるので、蓄積させなければいいわけです。そのためにはメラニン色素を含む角質がきちんと排出されるこようターンオーバーを整えましょう。

冬は湿度が下がり、水分が不足しやすい傾向にあるので、例えば化粧水をつけるときは表面だけでなく、全体に化粧水がいきわたるようにきちんとハンドプレスしながら肌になじませていきましょう。

美白用美容液を取り入れる

化粧水で肌にきちんと潤いを届けたら、うっかり日焼けによるメラニン色素を防ぐためにも美白専用の美容液を活用しましょう。美白用美容液には、メラニンの生成を抑え、シミを防ぐ働きが期待できます。

春夏に比べて、冬は気温が低いために、ついつい日焼け止めを塗り忘れてしまうことが多いかと思うので、スキンケアできちんと防ぎましょう。

化粧下地はUV入りの物をセレクト

真夏と違って、ジリジリと火照るような暑さを感じない冬は、どうしても日焼け止めを塗る習慣が保てない方も多いはず。毎日塗るのが、美白肌を目指すならば正解ですが、どうしても習慣付かない方は、化粧下地や、ファンデーションに紫外線予防効果のある化粧品を選びましょう。

おすすめの美白スキンケア3選

最後に、おすすめの美白ケア美容液や、肌を美白に導くために必要な美容液をご紹介いたします。

リッツホワイト薬用ドットゼロ

気になった部分に狙い撃ちで塗ることができる薬用美白美容液。テクスチャーがさっぱりしているため、他の美容液と併用して使えるのがポイント。さらにラナクリスという保湿成分も入っているため、乾燥による肌のターンオーバー乱れを整えるのも期待できて、乾燥肌さんの美白肌作りにもおすすめです。

KOSE メラノショット ホワイト

メラニン色素の生成を抑えるだけでなく、作られ始めたメラニンの成熟を阻害することもできる美白用美容液。朝のメイク前に塗ると、日中のメイク崩れも感じにくくなるほど、みずみずしさを感じられて、使い心地がいいですよ。

チューンズメーカー フラーレン

直接的な美白系美容液ではないのですが、フラーレンといえば肌の抗糖化に働きかける作用が期待されています。先ほど紹介した二つの美容液がシミという”点”の色ムラに対してできる美白ケアだとしたら、こちらの美容液は顔色全体のくすみという”面”の色ムラに対してできる美白ケアと言えるでしょう。フラーレンの原液なので、肌のくすみに悩んでいる方は一度お試ししてみてくださいね。

冬も美白ケアをしましょう

いかがでしたか?夏になると「きちんと日焼け止めも日傘もするのに、透明美白肌にならない!」という方は、ひょっとすると冬の間に浴びている紫外線のせいかも。ぜひ今日紹介した美白ケアとおすすめのコスメを参考にしてみてくださいね。

ABOUT ME
一般社団法人日本セルフ美容協会®︎
一般社団法人日本セルフ美容協会®︎
一般社団法人日本セルフ美容協会®