1,3月8日国際女性Day開催「Philips Health and beauty Womanʼs Night 」レポート

国際女性dayである3月8日、フィリップス主催「女性の健康と美容、睡眠」についてのイベントが行われました。今回は、そのイベントの様子や、フィリップスより発売されている、セルフ美容に役立つ製品をご紹介いたします。

みなさまは「フィリップス」というブランドにどんなイメージを持たれていますか?ひげ剃りや、健康器具などをイメージされるかと思いますが、実は、女性のセルフ美容に携わる製品が多数発売されています。

まずは、今回のイベントが「女性の健康と美容」をテーマにされた、大きな理由をご紹介いたします。

1-1,Philips(フィリップス)が目指すのは、世界中の人々の生活を豊かにすること

昨年フィリップスは、女性活躍推進法に基づく優良企業認定マークである「えるぼし」を、最高位の3段階目に認定されました。「えるぼし」とはどういったものかというと、女性活躍に向けた活動状況などが優良な企業に対して、厚生労働省が認定する制度です。この基準は、1,採用 2,継続就業 3,労働時間等の働き方 4,管理者比率 5,多様なキャリアコース の5つの項目があります。

フィリップスは「2025年までに 年間30億人の人々の生活向上」を目標として掲げ、私たち顧客だけではなく、フィリップスに最も近いといえる社員の方々も含まれているそうです。フィリップスで取り扱っている商品には、「病気の診断」「治療」「ホームケア」などの医療に関わるものをはじめとし、「健康的な生活をおくるため」「病気の予防」「美容」といった、私たちの生活の向上に役立つものが多く扱われています。

そんな経緯から、今回も、国際女性Dayに女性に向けた睡眠美容のセミナーが行われました。

1-2,セルフ美容にまつわるPhilips(フィリップス)の製品をご紹介

そんな女性への熱いエールを送りながら、製品開発などを通してサポートをしているフィリップス。ここでは女性が喜ぶ、セルフ美容にまつわる製品の一部をご紹介させていただきます。

ノンフライヤーオーブン

油を使わず揚げ物を作ることができるので、カロリーが気になるダイエット中の人はもちろん、健康管理の面でも注目を浴びている製品。昨今では「油の質」を気にされる方が多くなってきましたので、そもそも油を使用せず、でも美味しく食べたいという願いを叶えてくれるような製品です。

電動歯ブラシ、エアーフロス、といったオーラルケア商品も取り扱っています。

オーラルケアは、虫歯の予防(健康)はもちろん、美容面で見ても、歯が綺麗であれば第一印象もアップします。さらに、オーラルケアを怠って「歯周病」になってしまうと大ごとで、歯周病菌が原因で病気になってしまうことがあります。

2,女性の健康と、今注目の睡眠美容について

今回のイベントでは、睡眠時間が世界でも特に短いと言われている日本人へ向け、睡眠の重要性や、睡眠と美容との関わりについてが知れるイベントになっていました。

睡眠診断トークや、美容リスク、寝不足肌を考えるという、忙しい女性に関わりの深い「睡眠」についてのお話がメインになっています。

実はフィリップスでは、「睡眠呼吸障害の検査装置」や「睡眠呼吸障害の治療装置」など、「睡眠」に関わるものも取り扱っているんですよ!今回は、睡眠美容研究家であり「睡眠コンサルタント」の資格を持つ田村しずかが、イベントでのお話をまとめましたので、ぜひセルフ美容にお役立てくださいね。

では、一つ一つみていきましょう。

3,睡眠負債の問題点と、睡眠コントロールで睡眠美容を!

RESM新横浜 睡眠・呼吸メディカルケアクリニック 院長 医学博士 白濱 龍太郎さん

写真白濱先生からは「睡眠負債」と「睡眠コントロール術」についてのお話がありました。

3-1,睡眠負債が及ぼす、美容や生活への問題点

以前までは、睡眠は惰眠だという風潮があった日本ですが、通勤ラッシュ中の居眠りを含め、寝不足が続いている人が多いのが日常的にも見て取れるかと思います。

このような慢性睡眠不足は、ボディーブローのように、徐々にきいてくるような状態。現代人に多く見られ、自覚がないまま睡眠不足の状態になっている人も多いそうです。

●睡眠負債とは…?

日本の睡眠時間は、ワースト1、2を争うほど、世界的に見てかなり短いと言われています。慢性睡眠不足は「飲酒」「徹夜」をしている時と同じ状態とのことで、身体がだるいまま生活していたり、疲れた状態で仕事をスタートし、お昼をすぎた頃から集中力が途絶えてしまうということも少なくないそうです。

とあえるデータでは、日本人の死亡原因になる疾病は「睡眠不足」でリスクが高くなるものが多く、健康への影響をみなさまにも知って欲しいとのお話がありました。

また、家庭と仕事を持つ女性の一日の時間の使い方が示され、無駄な時間を過ごしているわけではなく、必要なことをしているだけで、毎日追われるように時が過ぎてしまい、十分な睡眠をとることが難しい生活リズムになってしまっていることが、問題定義されました。

3-2,睡眠とパフォーマンス

プロのスポーツ選手にはスリープコーチがいるほど、睡眠の管理をすることは、パフォーマンスに大きく影響を及ぼすと言われています。

女性ホルモンと睡眠も多く関係があり、睡眠不足は、健康状態にも影響し、乳がんのリスクも高まるという結果があるそうです。

質のいい睡眠を取ることで、毎日の生活が効率よく送れたり、活発に活動することができ、日常生活を豊かなものにしてくれます。

●良い睡眠(ノンレム睡眠)をとると…?

・脳の疲労が改善する
・心の疲労であるストレスを解消
・「成長ホルモン」が全体の70%分泌される

睡眠は、健康面でも大切なのはもちろんのこと、ストレスや疲労は肌へも影響をあたえてしまうもの。充分な睡眠時間をとることが、セルフ美容で肌を整える近道ともいえます。

3-3,体内時計を整える方法や睡眠習慣とは?

現代の睡眠不足の原因は、体内時計が乱れる環境からの影響も大きく、夜遅くまで仕事をしたり、寝る直前まで活発に活動していたり、スマートフォンなどのブルーライトの影響などもあるそうです。

そこで、いくつか体内時計を整えるための習慣をご紹介いたします。

●体内時計を整えるコツ

・就寝1時間前から、戦闘モードからリラックスモードへ切り替える
・日中の眠気を取り、パフォーマンスを上げる「昼寝」のすすめ
・深部体温を上げて眠りに付きやすくするための入浴をする
・リラックスして眠気を誘うためにストレッチをする

・朝ごはんにトリプトファンを含む食材を摂る

まとめとしては、「睡眠はスマホの充電のようなもの。良質な睡眠をとって、健康な日々を過ごしましょう」とのことでした。ぜひとも、体内時計を整えるコツを試して、少しでも良い睡眠を心掛けてくださいね。

4,タイプ別・睡眠診断トーク

ディグラム・ラボ株式会社 代表取締役 木原 誠太郎さん

「ディグラム」とは、統計に基づいた「性格診断」です。「CP」「NP」「FC」「AC」などいくつかの波形に分けられ、波形によって個人の性格傾向が分かりますよ!という診断です。ディグラム診断は、ネットで無料で調べることができます。興味のある方はぜひ試してみてくださいね。

4-1,性格傾向から見る、眠りやすい・眠りにくいタイプとは?

今回は、さまざまな統計データを持つ「ディグラム・ラボ株式会社」さまより、こんな性格傾向のある人が眠りやすい、眠りにくいというランキングが発表されました。

●ハッピールーティン
4位アドベンチャー系の映画が好き
3位アドベンチャー系の旅行が好き
2位整理整頓が得意
1位料理が好き

上記のルーティーンを持っている人は、眠りにつきやすいそうです。食べるものと睡眠の質は関わっていますし、片付いた部屋での睡眠の質は良くなります。

●眠れないルーティン
4位ジャンクフードが好き
3位暴飲暴食
2位恋愛にのめり込みやすい
1位愚痴が多い

このルーティーンを持っていると眠りづらくなります。どの項目もネガティブな要素が持っていますね。「ネガティブなルーティンを捨てることが、よく眠れるようになりますよ」というお話でした。

最初のお話でもあった通り、睡眠によって心の疲れも癒してくれるため、ストレスを解消しつつ、無意識なうちにネガティブなルーティーンを行っていないか、振り返ってみてくださいね。

5,美容リスク、寝不足肌を考える

ネオファーマジャパン株式会社 経営企画部
化粧品ブランド「ALAVITA」 ウィーデン沙羅さん

睡眠不足を根本的に解消すると共に、外からのスキンケアで足りない部分を補いながら、肌を健康的に保つことを心掛けたいもの。女性の生活が多様化(仕事、育児、家事、介護など)する30代から50代の睡眠時間が短くなりやすくなるそうです。

5-1,睡眠不足がもたらす肌トラブル

・短期的な肌トラブル…ニキビ、毛穴の開き、テカリ、クマ

・長期的な肌トラブル…乾燥、小じわ、くすみ、ごわつき

肌トラブルにはたくさんの要因が合わさっていますが、睡眠不足によって起こるトラブルもこんなにあるそうです。睡眠美容という言葉が日常的に使われるようになってきた背景には、私たちの悩みの原因が、睡眠不足の可能性があるからですね。

5-2,寝不足肌の対策に知っておきたいキーワード

・成長ホルモン
・新陳代謝
・ATP
・新陳代謝のエネルギー源は、ATP
・ATPの生産を促進する注目される成分:5ーALA 

この「5-ALA」が配合されているスキンケア化粧品が、「ALAVITA」より発売されていますので、ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね。

6,まとめ


今回のイベントは「女性の健康と美容」がテーマになっていました。そして、「健康と美容」のために「睡眠」がとても大事であることを中心にお話しをお伺いしてきました。

もちろん「食事」「運動」も大事で欠かすことのできないものですが、忙しさを感じると、ついつい睡眠をおろそかにしてしまったりします。忙しい現代だからこそ「健康と美容」そして「メンタル」の改善に、上手に「睡眠美容」を取り入れることが必須であるということが分かっていただけたでしょうか?

睡眠をコントロールすることは、実はそんなに大変なことでないことを教えていただきましたので、ぜひ皆さんも実践してみてください。どうしても眠れない時にも、寝酒に頼るなどという間違った対処でやりすごさず、深刻になる前にまずは休息することも心掛けてくださいね。