女性らしい潤いのある滑らかでハリや弾力がある肌、女性の憧れですよね。このような美肌を保つために、毎日のセルフ美容に励む方も多いと思いますが、それでも「なかなか理想とする美肌が手に入らない!」なんて方もいるのではないでしょうか?実は、私たち女性の美肌は、ホルモンバランスとも強く関係しているのです。今回は、美しさを根本から引き出してくれる天然の美容液、女性ホルモンと美肌の関係についてのお話です。

1.美肌と女性ホルモンの関係

肌は様々なことが原因で変化しますが、女性ホルモンも、肌の状態に大きく影響を与える要因のひとつ。では、どのような影響があるのが具体的にみていきましょう。

1-1.女性ホルモンの種類と働き

体内のホルモンは約40種類あると言われますが、その中で美肌と密接な関係を持っているのが女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つ。

1-1-1.美容のホルモン「エストロゲン」

エストロゲンは卵巣から分泌されるホルモンで、卵胞を育て、子宮内膜を厚くし、妊娠の準備に備える働きをします。真皮層にあるコラーゲンやエラスチンの生成を促すので、みずみずしく、ハリや弾力のある肌をつくる美肌ホルモンです。また、骨や脳を健康に保ち、自律神経を安定させる働きもあります。ただし、エストロゲンが過剰に分泌させると、乳がん、子宮体がんのリスクが高まることもあるので、頭に入れておきましょう。

1-1-2.守りのホルモン「プロゲステロン」

プロゲステロンは脳下垂体から分泌されるホルモンで、流産や早産を予防する働きがあります。美容面では、むくみやほてりを引き起こしたり、メラニンを増やしてシミの原因をつくったりと、肌の不調につながるホルモンでもあります。皮脂の分泌を促すので、肌や髪が潤うというメリットもありますが、過剰な皮脂の分泌はニキビの原因にもなりますので、注意が必要です。

1-2.生理周期と女性ホルモン

女性の肌と密接に関係している2つの女性ホルモンは、どちらも本来、出産に関わるホルモンなので、生理周期の影響を受け、分泌量が変化します。エストロゲンは生理が終わってから分泌量が増え、排卵直後にピークを迎え、生理中に最も少なくなります。美肌ホルモンと言われるこのエストロゲンが多く分泌されている間は、肌の調子が最も良い時期です。それに対してプロゲステロンは、生理が始まってから排卵するまではほとんど分泌されません。排卵後少しずつ分泌量は増えていき、生理になるとまた分泌されなくなります。プロゲステロンが分泌されている間は、皮脂の分泌が促進されるので、肌が荒れやすくなったり、ニキビができやすくなったりします。

2.女性ホルモンを整える5つのポイント

肌に影響する2つの女性ホルモンは、生理周期の影響を受けているので、周期に合わせて対策することが大切です。周期に合わせたポイントを見ていきましょう。

2-1.女性ホルモンを整えるための食生活

2-1-1.月経~排卵前

この時期は、タンパク質や体を温める栄養素を摂ることを心がけましょう。タンパク質を多く含む肉や魚、豆腐や、体を温めてくれる生姜などを多く使った食事がおすすめです。

2-1-2.排卵~月経前

この時期は鉄分などが多いひじきレバー、小松菜、煮干しを意識して食べるようにしましょう。また、むくみや便秘対策に食物繊維を多く含む野菜や発酵食品がおすすめです。皮脂分泌が気になる方は、揚げ物などの油分が多い食事は控えるようにしましょう。

2-2.女性ホルモンを意識した睡眠

睡眠も、ホルモンによって影響を受けます。睡眠の変化を感じ取り、対策をするようにしましょう。

2-2-1.排卵後~月経前

この時期は、眠くなりやすいものの、眠りの質や効率が悪くなりやすい時期です。意識して快適な睡眠のための環境を整えましょう。

2-2-2.月経後~排卵前

この時期は、エストロゲンの分泌が増え、精神的に安定しやすく、眠りも安定する時期です。質のいい睡眠をとれるので、睡眠を多くとって、心身を休めましょう。

2-3.女性ホルモンを元気にするための運動

運動は自律神経を活性化させる働きがあります。エストロゲンの分泌が多い時期には自律神経も安定していますが、エストロゲンの分泌が減少してくると自律神経にも乱れが出てきます。排卵から月経の間は、ウォーキングなどの軽い運動をこころがけるとよいでしょう。

2-4.女性ホルモンを乱すストレス

女性ホルモンの乱れは、ストレスが原因になることもあります。女性ホルモンが乱れると、美肌ホルモンと言われるエストロゲンの分泌が少なくなってしまうこともあり、肌に大きな影響を与えます。ストレスをため込まないためにも、運動やショッピングなど、自分に合ったストレス解消法を見つけましょう。

2-5.女性ホルモンとダイエット事情

過度なダイエットは、ホルモンの乱れ、自律神経の乱れを引き起こします。美肌のためにも、過度なダイエットはやめましょう。また、エストロゲンの分泌が増える月経後から排卵前まではダイエットに最適な時期です。ダイエットをするのなら、この時期にしましょう。

3.美肌と女性ホルモンについてのまとめ

美肌作りは女性ホルモンの影響を大きく受けています。日頃からご自身の生理周期や基礎体温をしっかりチェックする習慣をつけ、ホルモンバランスを整えるようにしましょう。、女性ホルモンによる肌の変化に合わせて、毎日のスキンケアを行っていくと、美肌への近道が手に入るかもしれないので、是非取り入れてみてくださいね。