肌を出す季節は、ムダ毛が気になる季節でもあります。サロンでケアする方がいいのは分かっているけれど、お金もかかるし、時間もない……。そんな人は、自宅でセルフケアしちゃいましょう。今回は、自宅でできるムダ毛ケアの手順や注意点をご紹介します。

1.自宅でできるムダ毛ケアの種類

自宅でできるムダ毛ケアには、いくつかの種類があります。まずは、種類を知り、自分に合った方法を選びましょう。

1-1.カミソリを使ったムダ毛ケア

自宅でできるムダ毛ケアというと、多くの人が思い浮かべるのがカミソリを使ったケアではないでしょうか。カミソリは手軽に使えて、お手頃に肌をキレイに整えることができるため、自宅でできるムダ毛ケアの王道と言えます。ただし、間違った自己流のケアをしてしまうと、肌にダメージを与え、乾燥やカミソリ負けを引き起こしてしまうデメリットもあります。また、小さくても刃物なので、取り扱いには注意する必要があります。このあと、紹介する正しいムダ毛ケアのポイントを押さえて、肌にできるだけ負担をかけないようにしましょう。正しいセルフケアができれば、手軽にツルツル肌を手に入れられる点では、カミソリが一番と言えますね。

1-2.自宅用美容家電を使ったムダ毛ケア

カミソリが苦手、どんなにケアしてもカミソリ負けをしてしまう、という方におすすめなのが、自宅用の美容家電を使ったムダ毛ケアです。有名なのは電気シェーバーと脱毛器。最近は、アタッチメントを付け替えることで、この2種類の機能を使い分けることができるアイテムも増えてきています。さらに、特殊な光でムダ毛の毛根にダメージを与えて、毛が生える周期を遅らせることができるフラッシュ式脱毛器などの人気も高まってきています。

1-3.テープ、クリームなどを使ったムダ毛ケア

上記2つ以外のムダ毛ケアには、テープやワックス、クリームなどを使ったものもあります。ムダ毛ケア専用のテープやワックスは、肌に密着させてから引きはがしてムダ毛を処理するというもの。また除毛クリームは、特殊な薬品で毛を溶かすもので、配合されている成分によって除毛にかかる時間は異なります。かかる時間が短いものほど、肌への負担は大きいと言われているので、ご自身の毛量や毛自体の強さに合わせて取り入れるようにしてくださいね。

このように、自宅でできるムダ毛ケアにもいろいろな方法があります。それぞれ、かかる費用や肌への負担が違うので、自分に合ったものを選びましょう。

2.ムダ毛剃りの手順とポイント

それでは、ここからは、ムダ毛ケアの王道ともいえるカミソリを使ったケアの手順と、肌への負担を減らすポイントについてご紹介します。

2-1.手順①入浴する

カミソリでムダ毛を剃った後の肌は、カミソリの摩擦により少なからず炎症を起こしている状態。その時に肌表面が不潔な状態だと思いもよらない雑菌に感染してしまうことも。そこでムダ毛を剃る前には、肌を清潔にすることが大切です。より肌への負担を減らしたいなら、お風呂で体を洗ってきれいにし、湯船に浸かって一度体を温めましょう。角質とムダ毛に十分な水分を与え柔らかい状態にすることで、角質とムダ毛のカミソリの摩擦への抵抗が軽減し剃りやすくなります。どうしても入浴できない場合は、蒸しタオルを使うのもいいでしょう。タオルを濡らして、滴がこぼれない程度に軽く絞り、500Wの電子レンジで30~40秒温めます。このタオルを、無駄毛を剃る部分に30秒くらい乗せて蒸らしながら温めます。

2-2. 手順②シェービングする

ムダ毛を剃る部分に、女性用のシェービングクリーム、またはワセリンをまんべんなく塗ります。シェービングクリームがないからといって、代わりにボディシャンプーや石鹸などを塗って剃っていませんか?一見、ボディーシャンプーや石鹸の泡でカミソリの滑りが良くなったように思えますが、実はボディーシャンプーや石鹸の洗浄力により肌表面の皮脂膜の力は弱まっている状態に。その状態の肌にカミソリを当てることになるので、ムダ毛はケアできても、肌表面はボロボロになってしまいます。絶対にやめましょう。剃り方のコツは、カミソリを軽く当てて、無駄毛の流れに沿って剃ることです。手っ取り早くキレイにムダ毛が剃れるからといって、毛の流れに逆らって剃ると、肌への負担が大きくなってしまいます。シェービングクリームなどを塗る前に、無駄毛の生えている方向を確認して、必ず毛の流れに沿った方向にカミソリを動かして下さい。

2-3. 手順③剃り残しをチェックする

剃り終わったら、シェービングクリームなどをふき取って、剃り残しの確認をしましょう。特に膝周り、脇、ひじなどの関節周りは、意外に剃り残しが多い部分です。せっかくキレイにムダ毛をケアしているのだから、最後にしっかりチェックすることもお忘れなく。

2-4. 手順④保湿する

どんなに気をつけてムダ毛ケアをしても、ケアのあとの肌は知らないうちにダメージを負っている場合があります。このダメージを残さないためにも、ムダ毛ケアの後は、保湿を十分に行いましょう。入浴しながらの場合、保湿クリームは入浴後5分以内に塗るのがよい、といわれます。お風呂からあがったらすぐに塗れるようにお風呂に入る前にあらかじめ準備をしておきましょう。

2-5. 手順⑤道具のお手入れ

忘れがちなのが、使った後のカミソリのケアです。使用後のカミソリの刃には、剃ったムダ毛やいらなくなった角質が付いている場合があります。これをそのままにしておくと、切れ味が悪くなるだけでなく、雑菌が繁殖して肌へのダメージを大きくする原因にもなります。使った後のカミソリは、キレイに洗い、乾燥した場所で保管するようにしましょう。

3.自宅でできるムダ毛ケアまとめ

みんなが気になる無駄毛ですが、ポイントをおさえれば自宅でも簡単にキレイにケアできます。正しい手順を理解して、ツルツルお肌を手に入れましょう。

4.《日本セルフ美容協会発》ムダ毛ケア後の本気保湿ケア

自宅にてムダ毛ケアをした後は、たっぷり肌への保湿を行いたいところ。そこでケアした日は、お風呂上がりのボディケアに保湿と肌への負担を和らげるケアを取り入れましょう。方法は簡単。まずは、医薬部外品でニキビ用の鎮静作用のある化粧水を肌にたっぷり塗ってあげましょう。顔ではなく体に塗るので、「化粧水が垂れて上手に塗れない!」という方は、コットンに化粧水を含ませて塗ってあげるといいですね。その後、いつものボディクリームを塗ることで、化粧水の有効成分がカミソリによる肌の負担を鎮静し、さらに化粧水に含まれる水分によって、たっぷり保湿ケアもできちゃいます。女子としてムダ毛のない肌はもちろんですが、やっぱり赤みのないまっさらなツルスベ肌を目指したいですよね。是非、取り入れてみてください。