似合わないメイクは卒業!パーソナルカラー診断&肌色別コスメの選び方

近ごろ、雑誌や街中でよくコスメの紹介とともに「イエベ・ブルベ」というキーワードを目にしませんか?このキーワードは、パーソナルカラーという色彩理論に基づいて、コスメが人の肌色別に色分けされて紹介されているのです。一方で実は「そもそもパーソナルカラーって何?」と思っている方も多いはず。パーソナルカラーは特に、「今までのメイクが似合わなくなってきた」、そんな方に是非取り入れてほしいセルフ美容法のひとつです。この機会にパーソナルカラーを理解し、自分に似合う色のコスメでメイクアップができるようになりませんか?年齢にも流行にも左右されない自分に似合うメイクを楽しむことができるようになりますよ♡

1. パーソナルカラーとは

パーソナルカラーとは一言でいうと、その人の肌色や瞳の色、全体的な雰囲気にと調和する色の傾向(=パーソナルカラー)を指します。パーソナルカラーを理解すると自分自身が人に与える印象を客観的に分析することができるだけでなく、パーソナルカラーに基づいたコスメの色選びができれば、その日の気分に合わせたメイクで印象管理をすることでもできるようになります。それでは、パーソナルカラーへの理解を深めてみましょう!

1-1パーソナルカラーの誕生

色の歴史は古来にさかのぼりますが、パーソナルカラー自体の誕生は、20世紀半ばになります。一般的に世の中に広まったのは、1960年代にアメリカで開催された大統領戦でのこと。当時ベテランのニクソン元大統領に逆転優勝したケネディ元大統領が選挙でパーソナルカラーを取り入れたというニュースにより、一躍注目され、日本には80年代半ばに上陸しました。

1-2パーソナルカラーを取り入れるべき理由

最近ではパーソナルカラーがファッションでもメイクでも当たり前になってきたわけですが、一体なぜパーソナルカラーが大事なのか知りたいですよね。実は私たち人間は、年齢が若いころに似合わない色を身につけても若さゆえに気にならないのですが、年齢とともに細胞が糖化し、必然と肌がくすんでいく生き物です。その時に、自分に似合わない色をしてしまうと、本来もっている自分の良い印象を台無しにしてしまう可能性があるわけです。そのため今日ではファッションでもメイクでもパーソナルカラーが重要視されているのですよ。

 パーソナルカラーに合わないコスメの色選びをすると……。

  • シミやクマなどの肌トラブルが余計に目立つ
  • 顔色はわるくなり第一印象が悪くなる
  • 年よりも老けてみえる
  • せっかくメイクしても野暮ったさが残る

 パーソナルカラーに合うコスメの色選びをすると……。

  • シミやクマなどの肌トラブルが目立ちにくくなる
  • ナチュラルメイクでもきちんとメイクしたような健康的な肌艶に仕上がる
  • 年よりも若くみえる。
  • メイクだけで洗練されたセンスを感じさせることができる。

もし、最近なんだか今までのメイクに違和感を感じているなら、もしかするとパーソナルカラーの似合わないコスメの色選びをしているかもしれませんよ。

1-3【比較写真】似合う色/似合わない色で比較メイク

代表理事の濱田文恵が自分に似合うパーソナルカラーと似合わないパーソナルカラーでコスメの色を選び、メイクアップしてみました。理事の濱田文恵は【イエローベース】です。そこで、左が似合う色が多いイエローベース、右が似合わない色が多いブルーベース。

いかがでしょうか?先ほど、ご紹介したように、右の似合う色でメイクをすると肌に健康的な肌艶をみなぎり、さらに瞳も活き活きとしますよね。反対に左の似合わない色でメイクをすると、どこか元気がなさそうに見えませんか?イベントや大事な日はやっぱり自分に似合う色を身につけたいですよね。

2. パーソナルカラーの入門!ブルベとイエベを自己診断

2-1肌の特徴に合わせた2つのベースカラー

人間の肌には、人種に関係なく二つの肌色タイプがあります。一つは、肌に黄みの要素を多く含む「イエロベース」。もう一つは肌の黄みの要素が少ない「ブルーベース」。この二つの肌色タイプを知ることがパーソナルカラーを理解するための第一歩です。

2-2【自己診断】自分の肌のベースカラーはどっち?

イエローベース、ブルーベースにはそれぞれ特徴があるので、ご自身に当てはめて、どちらの肌タイプなのかを自己診断してみましょう。ただし、判断するときは必ず化粧を落として、自然光のもとで判断するようにしてくださいね。

 イエローベースさんの特徴
  • 白目の色がオフホワイト
  •  目の色が黒よりは濃い目の茶色
  •  唇の色はサーモンピンクやベージュ寄り
  •  日焼けをしてもヒリヒリせず綺麗な小麦色になる
  •  他人に「元気がいい、可愛い」と言われることが多い
 ブルーベースさんの特徴
  • 白目の色がホワイト
  • 目の色が黒
  • 唇の色は桜のような青みを含むピンク色
  • 日焼けをすると赤くヒリヒリする
  • 他人に「綺麗、クール」と言われることが多い

どうでしたか?上記のチェックで多い方が、ご自身のベースカラーになるので、今後のコスメやファッション選びで参考にしてみてくださいね。それでは自分に似合う色がわかったらそれぞれに似合う色・似合わない色の特徴を理解しましょう。

2-3イエベさんの特徴と似合う色・似合わない色

イエベさんはメラニン色素が多いため、肌が黄み帯びているため、黄色の要素を含むオレンジや赤といった暖色系の色がお似合いになります。色名でいうと、オレンジレッドや、コーラルピンク、パイナップルイエロー、抹茶色、ティファニーブルーなどが挙げられます。反対に似合わない色は、簡単にいうと反対の色です。暖色系の反対といえば、寒色系の色。例えば、ブルーやパープル、また同じ赤でもワインレッドのような色はお似合いになりません。

2-4ブルベさんの特徴と似合う色・似合わない色

ブルベさんの肌の白さはメラニン色素が少ないため、血色のピンクを含んだ肌色です。そのため、寒色系の色がお似合いにあります。色名でいうと、ストロベリー、ローズピンク、レモンイエロー、アイスミント、インディゴブルーなどが挙げられます。一方で似合わない色は暖色系の色。例えば、オレンジや朱色のような色はお似合いになりません。

3.【イエベ・ブルベ別】似合うコスメの選び方

人間の肌色にイエベ・ブルベと傾向があるようにコスメにも【イエベ向け、ブルベ向け】と傾向があります。そこで、今日は皆さまがお買い物に行ったときに、自分で似合う色のコスメ選びができるように、イエローベース、ブルーベースのコスメの見分け方をお伝えしますね。

3-1肌色別に似合うコスメの見分け方

イエベ向けブルベ向けにコスメを見分けたいときは、そのコスメの色に黄色の要素が含まれているかどうかを想像してみてください。例えば、化粧品売り場で「このピンクのチークはどっちだろう?」と悩んだら、ピンクの色に黄色の絵の具を混ぜたと考えます。一般的にピンクに黄色の絵の具を混ぜたら、サーモンピンクになりますよね。もし手元にあるコスメがサーモンピンクだったら、そのチークはイエベ向きになります。反対にサーモンピンクではなく、ローズピンクになった場合はブルベ向きだと言えます。

4.《日本セルフ美容協会発》肌色別おすすめプチプラコスメ

当協会で肌色別におすすめのコスメをご紹介しますね。

4-1イエベさんに似合うプチプラコスメ3選

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ 16 (アイシャドウ) / スイーツスイーツ ベルベットスフレチーク04 (チーク) / セザンヌ ラスティンググロスリップ PK11(リップ)

イエベさんが似合う色のコスメを使うと、顔色が健康的になり、可愛らしく周りの空気を華やかにするような活き活きした感じを身にまとうことができますよ。

4-2ブルべさんに似合うプチプラコスメ3選

キャンメイク パーフェクトスタイリストアイズ 17(アイシャドウ) / スイーツスイーツ ベルベットスフレチーク02(チーク) / セザンヌ ラスティンググロスリップ PK13(リップ)

ブルベさんが似合う色のコスメを使うと、もともと白い肌がより透明感の溢れる肌に仕上がります。涼しげな目元、ややピンクがかった頬に、ぷるんと可憐な口元で周りの視線を集めちゃいましょう♡

5.まとめ

今日は最近よく耳にするパーソナルカラーについてご紹介しました。一見、難しそうな色の見分け方も色の持つ特徴と肌色のもつ特徴を理解すれば自ずと自分に似合う色がわかってくるようになりますよ。ぜひ毎日のセルフ美容にパーソナルカラーを取り入れてみてくださいね。